那覇市長のご回答

「命をつなぐネットワーク」で提出した公開質問状(http://tinfa.rederio.org/archives/291)とは別に、提出した11項目からなる公開質問状http://tinfa.rederio.org/archives/355 )に、那覇市長様からご回答がありましたので、ご報告します。以下、【 】。

【 那覇市長 翁長雄志   瓦礫広域処理に関する公開質問状について(回答)     本市の環境行政に多大なる関心をお持ちいただき、感謝申し上げます。 「瓦礫広域処理に関する公開質問」に関して、災害廃棄物の広域処理に関する現時点での那覇市の考え万についてお答えさせていただきます。 被災地の復興は、全ての国民の願いであり、広域処理は、国と地方が支えあつて取り組んでいかなければならない大きな課題であります。 しかしながら、広1或処理を進めるにあたつては、国の責任において、科学的知見に基づく安全指針や取り扱い指針等の策定、処理段階ごとの継続的なモニタリングの実施、風評被害の防止策や必要な財政処置、本市の処理施設独自の課題等について、的確な対策を十分に請じ、市町村が安心して取り組める環境を整えることが求められているものと考えており、これらのことが、きちんと整理されていない現段階においては、判断できない状況にあるものとして、沖縄県からの受け入れ調査に対し回答してきたところであります。 また、国においては有識者を集めた「災害廃棄物安全評価検討会」を設置して、ガイドラインや一定の指針を示しているところですが、東京都をはじめ受け入れを検討している県外の都道府県(広域連合)においては、独自に基準を定める動きがあることなどから、本市としてもこれらのことを、精査・整理していく必要があるものと考えており、上記「現段階において判断できない」との回答に至つております。 このことから、公開質問の各項目への具体的回答は、控えさせていただきますのでご理解賜りますようお願い申し上げます。】

ご丁寧なご回答に感謝申し上げます。ただ、「受け入れを検討している県外の都道府県(広域連合)においては、独自に基準を定める動きがあることなどから、本市としてもこれらのことを、精査・整理していく必要があるものと考え」とあり、今後の動向が気になります。

コメントは受け付けていません。